スポンサーリンク

「週40時間の自由をつくる 超時間術」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、メンタリストのDaiGoさんが書いた「週40時間の自由をつくる 超時間術」(実務教育出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、時間術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

時間術について興味があったので、この本を読みました。

時間術について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

メンタリスト DaiGo

人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。
テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。

主な著書は、『人生を変える60秒の処方箋 1分間の心理革命。』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『こっそり人を操る心理法則』(PHP研究所)、『これがメンタリズムです』(幻冬舎)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 時間にまつわる3つの勘違い

第2章 時間感覚を正す7つのフィックス

第3章 それでも時間がないあなたに贈るストレス対策

第4章 職場の「時間汚染」に打ち勝つ働き方

第5章 自分の時間を取り戻す8週間プログラム

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

現代人は、週に40時間を余らせている

忙しい人ほど脳の機能が低下している

③ 時間不足は錯覚にすぎない

5. 自分視点の見どころ3点

① 呼吸を変えれば時間も変わる

通勤時間が長いと肥満が増える

③ 焦っているから時間がないように感じる

6. まとめ

①良かった点

時間術について参考になりました。

②イマイチだった点

個人的にはカタカナを使った横文字が多くイマイチでした。

③この本を読んでほしい人

時間術について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク