スポンサーリンク

「資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、鬼頭政人さんが書いた「資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法」(大和書房)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、資格試験の勉強法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

もうすぐ資格の試験を受けるので、この本を読みました。

資格試験の勉強法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

鬼頭 政人(きとう・まさと)

1981年生まれ。開成中学、開成高校を経て、現役で東京大学文科I類(法学部)に合格。
卒業後は慶應義塾大学法科大学院に進学し、在学中に司法試験に一発合格。
司法修習を経て都内法律事務所に弁護士として勤務。ベンチャー企業を支援したいとの思いから投資ファンドに勤務した後、2013年12月、資格試験対策をオンラインで提供する「資格スクエア」を創業。
著書に『頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである』(KADOKAWA)、『結局、ひとりで勉強する人が合格する』(幻冬舎)がある。

3. 構成

本の構成

第1章 心構え編(受かる人はヤマを張る 落ちる人は全部やる
受かる人は「半年しかない」と思う 落ちる人は「半年もある」と思う ほか)
第2章 計画・マネジメント編(受かる人は逆算でゴールを目指す 落ちる人は順算でゴールを目指す
受かる人は1年後の合格を目指す 落ちる人は3年後の合格を目指す ほか)
第3章 生活習慣編(受かる人は朝に勉強する 落ちる人は夜に勉強する
受かる人はしっかり寝る 落ちる人は睡眠時間を削る ほか)
第4章 勉強テクニック編(受かる人は70点を取るために勉強する 落ちる人は100点を目指して勉強する
受かる人は参考書を1日で読む 落ちる人は参考書を1ヶ月かけて読む ほか)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

あらゆる試験は、まず「過去問」からはじめる

受かる人は短所を補う

受かる人は合理的な判断の結果、朝型になる

5. 自分視点の見どころ3点

9割の人は自力で勉強できない

落ちる人は危機感を持つタイミングが遅すぎる

受かる人は背水の陣を敷く

6. まとめ

①良かった点

資格試験の勉強法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

資格試験を受ける方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク