スポンサーリンク

「天才! 成功する人々の法則」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、マルコム・グラッドウェルさんが書いた「天才! 成功する人々の法則」(講談社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、天才の考察について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれてこの本を読みました。

天才の考察について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

マルコム・グラッドウェル

1963年イギリス生まれ。
カナダ・トロント大学トリニティカレッジ卒。
『ワシントン・ポスト』紙のビジネス、サイエンス担当記者を経て、現在は雑誌『ニューヨーカー』のスタッフライターとして活躍中。
ある製品やメッセージが突然、爆発的に売れたり広まったりする仕組みを膨大な調査とユニークなフレームワークによって解き明かした最初の著書『ティッピング・ポイント』(邦題『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』)、人間は、長時間考えてたどり着いた結論よりも、最初の直感やひらめきによって、物事の本質を見抜くという仮説を検証した2冊めの著書『ブリンク』(邦題『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』)は、いずれも世界で200万部を超える大ベストセラーになっている。
いま世界でもっとも人気のあるビジネス書著者。ニューヨーク市在住。

3. 構成

本の構成

プロローグ ロゼトの謎
第一部 好機
第一章 マタイ効果
第二章 一万時間の法則
第三章 天才の問題点 その一
第四章 天才の問題点 その二
第五章 ジョー・フロムの三つの教訓
第二部 「文化」という名の遺産
第六章 ケンタッキー州ハーラン
第七章 航空機事故の“民族的法則”
第八章 「水田」と「数学テスト」の関係
第九章 マリータの取引
エピローグ ジャマイカの物語

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

世界レベルの技術に達するには、どんな分野でも一万時間の練習が必要である

成功とは、累積するアドバンテージの結果である

1年360日、夜明け前に起きた者で、家族を豊かにできなかった者はいない

5. 自分視点の見どころ3点

成功は、社会やシステムによって決められる

たった一人で成功したものはいない

「生まれつきの天才」は存在しないが、「生まれつきの才能」は存在する

6. まとめ

①良かった点

天才の考察についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

天才の考察について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク