スポンサーリンク

「モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、土橋正さんが書いた「モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術」(東洋経済新報社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、ミニマリズムについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

ミニマリズムに興味があったので、この本を読みました。

ミニマリズムについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

土橋 正(つちはし ただし)

ステーショナリーディレクター、商品企画コンサルタント。文具の展示会「ISOT」の事務局を経て、土橋正事務所を設立。商品企画・PRのコンサルティング、文具売り場のディレクションを行う。自ら発行する文具ウェブマガジン「文具で楽しいひととき」では、文具コラムをはじめ、海外の文具展示会レポートなど様々な情報発信を行っている。新聞、雑誌などの文具特集にも多数参画。

3. 構成

本の構成

第1章 書類、ノート、名刺など紙類の流れをつくる(書類編
ノート編 ほか)
第2章 デスク環境のミニマリズム(私が仕事道具を減らすようになったきっかけ
物を入れる場所を増やさない ほか)
第3章 ミニマリズム的時間管理(頭の中で変換しなくていいツールを使う
私のスケジュール管理ツールの構成 ほか)
第4章 ミニマリズム的プライベートライフ(何もしない時間を大切にする
プライベートタイムも対応のメモツール ほか)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

ためずに流れをつくる

② 「活用」と「保管」を明確に分ける

モノを買うとそのモノへの責任も生まれる

5. 自分視点の見どころ3点

捨てる敷居を下げる

物を入れる場所を増やさない

③ 器のサイズを意識する

6. まとめ

①良かった点

ミニマリズムについてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

ミニマリズムについて興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク