「勉強したくなった人のための 大人の「独学」法」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、和田秀樹さんが書いた「勉強したくなった人のための 大人の「独学」法」(大和書房)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、大人の独学法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろいろな人の勉強法を知りたかったので、この本を読みました。

大人の独学について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

和田 秀樹(わだ ひでき)

1960年大阪市生まれ。85年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、浴風会病院精神科を経て、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック院長。また、映画監督として初作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞

3. 構成

本の構成

1章 なぜ「独学」がもっとも効果的なのか
2章 「独学」に欠かせない準備
3章 目標は、「独自の視点」を身につけた人
4章 テーマ別 和田式「独学」法
5章 「独学」のための時間術
6章 「使える本」を読みこなす読書法
7章 考える力が身につくアウトプット―話し方・文章術

スポンサーリンク

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

努力している人が評価されるのがプロの世界

知識を詰め込むのは高校生まで

大人の勉強のテーマは、物事を疑ったり、自分で考える力をつけること

5. 自分視点の見どころ3点

かつて学んでいた勉強を再開する

その道のトップを師匠にする

重要なのは問題を発見する能力

6. まとめ

①良かった点

新しい視点から独学について知ることができてよかったです。

②この本を読んでほしい人

独学について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク