スポンサーリンク

「孤独のチカラ」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、齋藤孝さんが書いた「孤独のチカラ」(新潮文庫)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、孤独になる大切さについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれて、この本を読んでみました。

孤独になる大切さについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

齋藤 孝(さいとう たかし、1960年静岡県生まれ)

東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー作家、文化人として多くのメディアに登場。ベストセラー『語彙力こそが教養である』はじめ『こども語彙力1200』『子どもの語彙力を伸ばすのは、親の務めです。』(いずれもKADOKAWA)など言葉に関する著書多数。

3. 構成

本の構成

プロローグ
第1章 失われた十年「孤独と私」
第2章 「単独者」として生きる
第3章 孤独の技法
第4章 ひとりぼっちの世界「孤独の実践者たち」
第5章 孤独のチカラ
エピローグ

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

群れて成功した人はいない

人は孤独なときこそ力を伸ばすことができる

生は、限定された時間をどう生きるかという真剣勝負の場である

5. 自分視点の見どころ3点

人としての強さは、単独者になれるかどうかに尽きる

むやみに孤独を恐れない

孤独こそが他者への理解力を深める

6. まとめ

①良かった点

孤独になる時間の大切さについてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

孤独になる大切さについて興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク