スポンサーリンク

「一生お金に困らない生き方」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、心屋仁之助さんが書いた「一生お金に困らない生き方」(PHP研究所)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、お金に困らない生き方について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

著者の心屋さんの本は以前から何冊も読んでいて、良い本が多かったのでこの本を読みました。

お金に困らない生き方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

心屋 仁之助(こころや じんのすけ、兵庫県生まれ)

個性を活かして性格を変える、性格リフォーム専門 心理カウンセラー。
佐川急便の営業企画管理職として働いていたが、家族に起こった事件がきっかけとなり、心理療法を学び始める。
その過程で自身の性格が変容していくことに気づき、心理療法を世に広める必要性に目覚める。
それが原点となり、「性格改善」を専門としたカウンセリング活動をスタート。
現在は、京都を拠点にして、「自分を好きになる」「自分に自信をつける」独自スタイルの
カウンセリングを行なうかたわら、東京・ 京都などで、その手法を広めるセミナー活動を展開している。

主な著書に『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』、『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 お金についてどう思ってる?(「お金は汚い」と思う人にお金は寄ってこない
お金の入り口ではなく、出口を考えよう ほか)
第2章 そもそも「お金」ってなんだ?(お金を使って、あなたが手に入れたいものは何だろう?
収入は自分で認める自分の価値に比例する ほか)
第3章 なぜお金が入らないのか?(それはあなたが受け取っていないから
その心のクセはどこからやってきたのか ほか)
第4章 お金が入る「あり方」とは何か(イソップ童話のキツネ状態になるな
お金は空気と同じ。「ある」ことに気づくことが大事です。 ほか)
第5章 お金が入るようになる習慣(「お金基準」ではなく、好きか嫌いかで選ぶ
お金は「ある」ことにして行動する ほか)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

お金の入り口ではなく出口を考える

何もない自分がもらってもいいお金が「存在給」

がんばるのをやめると、「常識の外」からの豊かさがやってくる

5. 自分視点の見どころ3点

お金は、労働の対価ではない

「いいお金」「悪いお金」と色をつけない

「存在給」が低い人は、「歩合給」で稼がなくてはならない

6. まとめ

①良かった点

お金に困らない生き方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金に困らない生き方について興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク