スポンサーリンク

「「男のうつ」―治らなくても働ける! ――復職マニュアル」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、石蔵文信さんが書いた「「男のうつ」―治らなくても働ける! ――復職マニュアル」(日本経済新聞出版社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、うつ病とよりそう方法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私は長年うつ病で苦しんでいて、うつ病について知りたかったので、この本を読みました。

うつ病について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

石蔵 文信(いしくら ふみのぶ、1955年生まれ)

大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻准教授。循環器専門医。男性更年期外来も担当。番組出演、新聞・雑誌・各メディアへの執筆・登場など、わかりやすいユニークな解説で幅広く活躍中。三重大学医学部卒業。国立循環器病研究センター、大阪警察病院などを経て、米国メイヨークリニックに留学。精神的疾患について勉強し、患者紹介などで精神科医とスムーズに連携するため、(社)大阪精神科診療所協会・会長の渡辺洋一郎氏と共に「一般医‐精神科医ネットワーク(通称G‐Pネット)」を立ち上げ、大阪を中心に自殺者を減らす活動をしている。

3. 構成

本の構成

序章 「うつ病でも出社するのです。頑張りましょう」
第2章 男らしさの幻想が「男うつ」を招く
第3章 男性のうつ病の特徴―微笑みタイプと不安障害に注意
第4章 自律神経とセロトニンをコントロールする―新型うつ病の対応と職業限界
第5章 なぜ復職に向けたシステムが機能しないのか
第6章 完全復職のためのプログラム―メンタルインターベンションという方法
終章 生き方を見直すチャンス―ワークライフバランスと定年後を考える

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

うつ病は生活習慣病のようにコントロールしながら働ける

過度のストレスは自律神経の働きを狂わせる

うつ病の本質はセロトニンの減少にある

5. 自分視点の見どころ3点

生まれながらに男は頑丈に作られていない

毎日夜11時にベッドに入る

昼寝は1時間以内にする

6. まとめ

①良かった点

男性の生物としての本来の役割がとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

うつ病で苦しんでいる男性の方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク