スポンサーリンク

「完全復職率9割の医師が教える うつが治る食べ方、考え方、すごし方」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、廣瀬久益さんが書いた「完全復職率9割の医師が教える うつが治る食べ方、考え方、すごし方」(CCCメディアハウス)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、うつ病の治し方について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私は長年うつ病で苦しんでいて、うつ病の治し方について知りたかったので、この本を読みました。

うつ病の治し方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

廣瀬 久益(ひろせ ひさよし)

精神科医。新宿OP廣瀬クリニック院長。筑波大学医学専門学群卒業。茨城県立友部病院、他を経て、1989年に精神科・心療内科・内科の外来専門内「廣瀬クリニック」を開設。アルコール依存症者とその家族のケア、強迫性障害、解離性障害、不登校、ひきこもり、統合失調症等の診療にあたる。患者の成育歴・環境などを分析して病の成り立ちを見極めて診断し、精神療法、運動精神療法、栄養療法をもって治療にあたる。動画サイト「You Tube」にアップした「Dr.講和」は現在までに100回を数え、延べ100万人が聴講している。

3. 構成

本の構成

第1章 「うつ」が治りにくい理由vs9割の「うつ」が治る理由
第2章 栄養障害が「うつ」を招く! 脳とこころを整える食べ方
第3章 ストレスで消耗したこころのエネルギーを高める生き方
第4章 「うつ」からの復帰力を高める こころリハビリテーションの原則
著者の「贈る言葉」

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

うつを治すには早寝早起きが大切

抗うつ薬は、3割程度にしか効かない

自分で行う復職のためのリハビリは、2時間超のウォーキングと2時間超のデスクワークの訓練

5. 自分視点の見どころ3点

うつ病の人の復職率は2割しかない

起床後、とにかく4時間は寝ずに頑張る

うつ病には栄養療法が欠かせない

6. まとめ

①良かった点

うつ病の治し方について多方面から書かれていたので、とても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

うつ病で苦しんでいる方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク