スポンサーリンク

「リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、本田直之さんが書いた「リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術」(東洋経済新報社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、デジタル機器によって進化したレバレッジ(てこの原理)を用いた効率的な読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

この本は、以前読んだレバレッジ・リーディングの続編だったので読んでみました。

レバレッジを用いた読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

本田 直之(ほんだ なおゆき、1968年6月16日生まれ)

明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校(現サンダーバード国際経営大学院)経営学修士。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。
ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。

主な著書に『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書)、『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ・シンキング』(東洋経済新報社)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)などがある。

3. 構成

本の構成

Chapter 1 リーディング3.0時代の到来
Chapter 2 リーディング3.0の基本
Chapter 3 リーディング3.0に必要な6つの能力
Chapter 4 スマートフォンが読書を進化させる
Chapter 5 紙メディア・電子メディアの活用法
Chapter 6 読書からソーシャル・リーディングへ

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

テクノロジーの進化によって、いっそう効率よく良質のインプットをして、より幅広くアウトプットできるようになったのが、リーディング3.0である

ノマドリテラシー(「モバイル力」+「クラウド力」)なしでは生き残れない

常に更新されるシェアサイクルを忘れない

5. 自分視点の見どころ3点

英語読解力なしではサバイバルできない

電子と紙の切り分けを忘れてはいけない

一般のニュースに出ない情報を収集する

6. まとめ

①良かった点

進化したレバレッジ・リーディングについて参考になりました。

②イマイチだった点

発行されたのが2011年なので、内容が古くなってしまっている点が残念でした。

③この本を読んでほしい人

進化したレバレッジ・リーディングについて興味がある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク