スポンサーリンク

「京大・鎌田流 一生モノの時間術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、鎌田浩毅さんが書いた「京大・鎌田流 一生モノの時間術」(東洋経済新報社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、効率的な時間の使い方について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

著者の鎌田さんの本は以前読んだことがあって、とても良い本だったのでこの本を読みました。

効率的な時間の使い方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

鎌田 浩毅(かまた ひろき、1955年、東京生まれ)

東京大学理学部地学科卒業。通産省(現・経済産業省)を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学、地球科学、科学コミュニケーション。京大の講義「地球科学入門」は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。火山研究のほか、科学をわかりやすく伝える「科学の伝道師」。1996年に日本地質学会論文賞受賞。

主な著書に『京大・鎌田流 一生モノの人脈術』『京大・鎌田流 知的生産な生き方』『座右の古典』(以上は東洋経済新報社)、『火山噴火』(岩波新書)、『マグマの地球科学』(中公新書)などがある。

3. 構成

本の構成

1章 これだけ覚えれば、飛躍的に時間が活用できる!
2章 ちょっとの工夫で時間が倍に増える
3章 「捨てる技術」で無駄な時間をシャットアウト
4章 コミュニケーションをスムーズにする!
5章 みるみる集中力がつく行動術
6章 「身体の声」に従う時間術
7章 豊かな人生を過ごすために

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

身体が健康だからこそ、時間を有効に活用できる

集中モードに入ったら、絶対に中断してはいけない

時間はオンとオフの両方を同時に高めていくことが、人生の充実につながる

5. 自分視点の見どころ3点

人生で「やるべきこと」「やらなくてもよいもの」を明確にしておく

② 道具を「あえて簡素なものにする」というのも、時間の戦略のひとつ

旅は自分を磨くチャンスである

6. まとめ

①良かった点

効率的な時間の使い方についてとても参考になりました。また、著者が理系出身のため自分にとっては文章がとても読みやすかったです。

②この本を読んでほしい人

効率的な時間の使い方について興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク