スポンサーリンク

「一流の男が絶対にしないこと」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、里中李生さんが書いた「一流の男が絶対にしないこと」(総合法令出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、一流の男がしないことについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

著者の里中さんの本は以前から何冊も読んでいて、良い本が多かったのでこの本を読みました。

一流の男がしないことについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

里中 李生(さとなか りしょう、本名:市場充、1965年三重県生まれ)

作家、エッセイスト。20歳の頃に上京し、30歳でフリーライターから作家活動を始める。時代に流されない、物事の本質を突いた辛口な自己啓発論、仕事論、恋愛論を展開する。
「強い男論」「優しい女性論」を一貫して書き続け、物事の本質をずばり突くその主義、主張、人生哲学は、男女問わず幅広い層から熱狂的な支持を得ている。
ベストセラーやロングセラー多数。著書の累計は260万部を超えている。

代表作に『一流の男、二流の男』『できる男は 「この言い訳」をしない』『男は一生、好きなことをやれ! 』『成功者はみな、怒りを秘めている』『この「こだわり」が、男を磨く』(以上、三笠書房)、『「孤独」が男を変える』(フォレスト出版)、『一流の男のお金の稼ぎ方』『男はお金が9割』『「死」を意識することで男は強くなる』(以上、総合法令出版)。
web小説「衝撃の片思い」も好評連載中。

3. 構成

本の構成

第一章 「一流」と「お金持ち」の違い
第二章 二流、三流には関わるな
第三章 自分が一流であるという自覚
第四章 本質はいつも裏側にある
第五章 人を思ってこその一流

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

一流の男は、お金を見せびらかさない

② 一流の男は、酒・タバコ・女で他人に迷惑をかけず、依存性にもならない

③ 一流の男になるための条件は、無理ではあるが「完璧」を目指すこと

5. 自分視点の見どころ3点

飲み会とは、二流、三流にならなければならない集いである

近年は、男性が女性化している

一流の男は、一流になることを焦らない

6. まとめ

①良かった点

一流の男がしないことについてとても参考になりました。

③この本を読んでほしい人

一流の男になりたいと思っている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク