スポンサーリンク

「長生きしたけりゃパンは食べるな」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、フォーブス弥生さんが書いた「長生きしたけりゃパンは食べるな」(SB新書)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、食事術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

正しい食事術について知りたかったので、この本を読みました。

食事術について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

フォーブス 弥生

一般社団法人グルテンフリーライフ協会代表理事。
短期大学部卒業。大手メーカーに従事するかたわら、夫のグルテン不耐症を機に、食のたいせつさと小麦の成分である「グルテン」が起こす症状に関心を高め、国内・海外の情報を集めるようになる。2013年12月、生活環境・習慣の変化により、毎年1万人以上と増加傾向にある食物アレルギー患者数の、不調の解消や心の安定をめざして、一般社団法人グルテンフリーライフ協会を設立。
主な活動として、グルテンフリー食品に関するワークショップやイベントの企画および運営、グルテンフリー研究会の運営など。これまでの受講者は、700人を超え、著名な大企業や行政・自治体からの引き合いも多い。主な著作に『2週間、小麦をやめてみませんか?』(三五館)がある。

3. 構成

本の構成

1章 【問題提起】なぜ「この」体調不良はクスリで治らないのか
2章 【危険性】この「タンパク質」が脳に炎症を起こす
3章 【効能】若返り、集中力、便通…身体が変わるパン抜き生活
4章 日常に取り入れる! カンタン&おいしいパン抜き生活
5章 健康に効く最強の食事【グルテン以外の食事法】
6章 実践! 14日間プログラム【レシピ】
【コラム】グルテン入りの食べ物 代替の食べ物
おわりに

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

小麦が体の不調を引き起こしている

グルテンには依存性がある

小麦粉食品を食べていると、血糖値の急上昇と急降下を繰り返す

5. 自分視点の見どころ3点

スナック菓子が肌のコラーゲンを壊す

小麦粉食品を食べ過ぎると、オナラや大便が臭くなる

活性酸素で脳が炎症を起こす

6. まとめ

①良かった点

他の食事術の本には書かれていないことが書かれていたので、とても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

肥満や糖尿病で悩んでいる方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク