スポンサーリンク

「あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、松本幸夫さんが書いた「あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール」(アスカビジネス)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろんな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

松本 幸夫(まつもと ゆきお、1958年東京生まれ)

著述家。ヒューマンラーニング株式会社代表取締役。幼少より、あがり症で、武道、ヨガ、セミナー、読書などで克服の道を探る。特に多読習慣を徹底して、克服。今では年間200回の研修をこなす人気講師。著述は、読書習慣をベースに国内外併せて200冊に及ぶ著書がある。

3. 構成

本の構成

アウトプットを前提に読む
時には本はバラして読む
本は硬軟織り交ぜて読む
読む前には儀式をもつ
内容の予測読みをしてみる
どこでも読書してみる
あえて面白いところで中断してみる
ぶ厚い本で自信を養う
平行読みで気分の切り替えをする
映画の原作を読んでみよう〔ほか〕

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

入門書で知識のフレームを広げる

小説から描写力を学ぶ

読書家という肩書きをつくる

5. 自分視点の見どころ3点

① 1テーマ20冊でセミプロになれる

② 1000冊読破で読書道黒帯

流し読みと精読を使い分ける

6. まとめ

①良かった点

読書法や読書習慣についてとても参考になりました。また、読書道黒帯を目指して1000冊読破できるように今後も精進していこうと思います。

②この本を読んでほしい人

読書習慣をつくりたいと考えている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク