スポンサーリンク

「アクション リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、赤羽雄二さんが書いた「アクション リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」(SBクリエイティブ)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、行動に移すための読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

以前から読みたいと思っていた本だったので読みました。

行動に移すための読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

赤羽 雄二(あかば ゆうじ)

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。 1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、
マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。 1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。 2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。
最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。

著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』『ゼロ秒思考[行動編] 即断即決、即実行のためのトレーニング』(ダイヤモンド社)、『世界基準の上司』(KADOKAWA)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』『マンガでわかる! マッキンゼー式リーダー論』(宝島社)、『世界一シンプルなこころの整理法』(朝日新聞出版)、『頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方』(KKベストセラーズ)、『7日で作る事業計画書』(明日香出版社)、『頭を前向きにする習慣』(幻冬舎エデュケーション新書)、『もうこれで英語に挫折しない』(祥伝社)がある。

3. 構成

本の構成

はじめに
序章「読みたくても本が読めない」5つのの理由
第1章なぜ、できる人は忙しくても本を読むのか
──本から得られること
第2章 できる人は忙しくても、なぜ本が読めるのか
──マッキンゼー時代に身につけた「読書時間捻出術」
第3章 短い時間で、読んだ内容を身につける「集中読書」術
第4章 できる人は、読んだ本をどう活かすか
──確実に成長するためのチャレンジシート
第5章 ムダな本で時間を費やさないために
──読むべき本が自然によってくる「情報感度」の高め方
【付録・私がお勧めする20冊】
あとがき

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

「行動するための読書」を習慣化する

② 本は必要なとき、読みたいときに読むほうが、真剣な気持ちで読むことができる

30代になるまでに300冊、ビジネス書と小説をそれぞれ半分ずつ読む

5. 自分視点の見どころ3点

「本の読み過ぎ」はよくない

本を買って積読になってしまうことへの対策は「本を買ったらすぐに読んでしまう」ことに尽きる

本は「必要十分」なだけ読めばいい

6. まとめ

①良かった点

行動に移すための読書法についてとても参考になりました。私は、まだ本を読んでから行動に移すことがあまりできていないので、今後改善していきたいと思います。

②この本を読んでほしい人

行動に移すための読書法について興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク