スポンサーリンク

「つながる読書術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、日垣隆さんが書いた「つながる読書術」(講談社現代新書)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろんな人の読書法にについて知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

日垣 隆(ひがき たかし、1958年長野県生まれ)

作家・ジャーナリスト。大学卒業後、書店員、トラック配送員、TVレポーター、編集者など数々の職を経て、1987年から執筆活動に入る。世界取材85ヵ国。『そして殺人者は野に放たれる』で新潮ドキュメント賞受賞、『それは違う!』(現在は文春文庫)で文藝春秋読者賞受賞。

主な著書に『常識はウソだらけ』(WAC)、『個人的な愛国心』(角川ONEテーマ21)、『偽善系』(文春文庫、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞)、『学校がアホらしいキミへ』『知的ストレッチ入門』(いずれも大和書房)、『部下の仕事はなぜ遅いのか』(三笠書房)、『通販な生活』(講談社)などがある。

3. 構成

本の構成

第一章──仕込みとしての読書術 選別力と読解力の基礎トレをする
第二章──知的体力を鍛える読書術 おもしろい読書で、激しく脳を活動させる
第三章──書いて深める読書術 読書で得た知識を「自分のネタ」に変換する
第四章──話してつながる読書術 読書を介したネットワーキングを構築する
第五章──電子書籍時代の読書術 電子書籍と紙媒体の共存共栄は当然
付録──読まずに死ねない厳選一〇〇冊の本!

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

30代までは、1日1冊本を読むというノルマをこなす

書くことで思考が深まり、アウトプットが上質になる

なじみがない本で「素直で正確な読書」をする

5. 自分視点の見どころ3点

周囲の人に「おもしろいよ」と言われたら無条件にその本を読む

孤独が人生を豊かにする

「どう書くか」より「どう読まれるか」を優先する

6. まとめ

①良かった点

読書法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法に興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク