「話し方は「声」で変わる」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、以前紹介した本の書評を再投稿したいと思います。

本日は、島田康祐さんが書いた「話し方は「声」で変わる」(フォレスト出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、正しい発声の方法や大切さについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私は声がこもりやすく、相手に聞き返されることが多かったので、この本を読みました。

発声の方法や大切さについてとても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

島田 康祐(しまだ こうすけ、北海道札幌市出身、1980年生まれ)

発声コンサルタント、ボイスメンタルサポート代表。
東京音楽大学音楽学部音楽学科(声楽専攻)卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科音楽表現専攻(声楽)修了。
大学院修了後、NHK 新規受信料開拓営業に従事。その後、プルデンシャル生命保険株式会社に入社。フルコミッション営業マンとして活躍後、約10 年間の営業経験を生かして2015 年に起業し、ボイストレーニング事業をメインとしたボイスメンタルサポートを設立。
学生時代に独自に考案した「ぐんぐんよくなる基礎発声」を用いて、北海道から沖縄まで全国各地の小・中・高の合唱部を中心に指導。コンクール参加のレッスン校の県大会入賞率100%を継続中。その指導方法は完全オーダーメイド方式で行われ、「短時間で心も成長させる理想的な教育指導」と各方面から絶賛され、全国各地からクチコミで依頼が殺到。
その一方で、経営者やビジネスパーソンを対象とした「本来の声と心の状態で自分らしく話す方法」の個別指導を行い、「声の出し方を変えたことがきっかけで、営業成績最下位だったのがトップになった」「声の出し方を変えただけで、億の商談をまとめることができた」という人を多数輩出させている。こうした実績が評価され、経営者やビジネスパーソン以外にも、議員・医師・弁護士・税理士・社労士・教師・就活生からの個別指導の依頼があとを絶たない。
現在は、大手保険会社をはじめとする企業研修やセミナー、各種講演でも講師も務め、「すぐに効果が出るボイスメンタルトレーニング」をさまざまな体験談を交えた笑いの絶えない講演で、業界を問わず大好評を得ている。

3. 構成

本の構成

プロローグ 「心」と「声」は密接につながっている
第1章 自分の本当の声に気づくための準備運動
第2章 自分の本当の声を定着させる「発声レッスン」
第3章 営業・接客・面接・会議・プレゼン……での声と話し方
第4章 これだけ変わる! 電話応対での声と話し方

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

声が聞き取りづらいというのは、あなたまたは相手の声が本来の声でないから

言葉は3文に区切って発声する

人は「話の内容」よりも、その人の「声」を重視する

5. 自分視点の見どころ3点

最高のパフォーマンスは鼻呼吸から生まれる

母音を意識することで、挨拶がスムーズになる

ウーロン茶は喉にある粘膜を洗い、流し取ってしまうため、喉がカサカサになってしまう

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、正しい発声の方法や大切さについてとても勉強になりました。

②この本を読んでほしい人

自分の声や発声に自信のない方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク