スポンサーリンク

「20代のあなたに、会社が期待していること」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、相原孝夫さんが書いた「20代のあなたに、会社が期待していること」(ダイヤモンド社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、20代の仕事術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

この時期は新社会人の方が多いので、何か参考になればいいなと思い、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

相原 孝夫(あいはら たかお)

人事・組織コンサルタント。株式会社HRアドバンテージ代表取締役社長。
外資系人事コンサルティングファーム、マーサージャパン株式会社
代表取締役副社長を経て、2006年4月より現職。
人材の評価・選抜・育成および組織開発に関わる企業支援を専門とする。
人材マネジメントの中心概念である「コンピテンシー」の概念を日本でいち早く紹介し、その普及に力を注ぐ。
人事・組織コンサルタントとしてのモットーは、「企業で働く社員の一人ひとりが、より貢献度を高め、そこを成長の場とできるようになるための支援をすること」。
経営アカデミー(日本生産性本部)、日経ビジネススクール、早稲田大学エクステンションセンターにおいて、「人事」「人材育成」などをテーマに講座ほか講演多数。

主な著書に『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』(幻冬舎)、
『会社人生は「評判」で決まる』『チームを活性化し人材を育てる360度フィードバック』
『コンピテンシー活用の実際』(すべて日本経済新聞出版社)などがある。

3. 構成

本の構成

序 章 社会人としておさえておくべき「5つのポイント」
第1章 20代で知っておきたい「会社のルール」
第2章 20代のあなたに「上司が求めていること」
第3章 20代で覚えておきたい「仕事のルール」
第4章 20代で身につけたい「人間関係の基本」
第5章 20代で大きく伸びるための「行動習慣」

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

新入社員は、「毎朝、誰よりも早く出社すること」が大切

「偉大なるイエスマン」として、上司を助ける

すべての仕事は人の役に立ち、社会の役に立っている

5. 自分視点の見どころ3点

素直で、しっかりした「根」を持つ

不遇な時期は、誰にでも必ずあるので、この時期にどれだけ頑張れるかが重要である

役割を持つことで、心の安定が得られる

6. まとめ

①良かった点

とても内容が濃く、仕事への考え方や取り組み方が大変参考になりました。

②この本を読んでほしい人

現在20代の方は、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク