「20代で人生の年収は9割決まる」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、以前紹介した本の書評を再アップしたいと思います。

本日は、土井英司さんが書いた「20代で人生の年収は9割決まる」(大和書房)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、自分づくりという仕込みについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

この時期は新社会人の方が多いので、何か参考になればいいなと思い、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

土井 英司(どい えいじ、1974年、秋田県生まれ)

慶應義塾大学総合政策学部でマーケティングを専攻。大学卒業後は、ゲーム会社を経て、編集者・取材記者・ライターとして修行。編集プロダクション、日経ホーム出版社を経て、2000年にAmazon.co.jp立ち上げに参画。エディター・バイヤーとしてビジネス書、語学書、コンピュータ書の担当を務める。2001年、同社のCompany Awardを受賞。ビジネス・実用書の「陰の仕掛け人」として、数多くのベストセラーのきっかけを作った。現在は、出版コンサルタントとして、ビジネス書の著者・編集者に対するアドバイス業務を展開。書評家としても活躍中で、自らのメルマガ「ビジネスブックマラソン」にて毎日1万7千人の読者にビジネス書の情報を届けている。

主な著書に『成功読書術』(ゴマブックス)、『「伝説の社員」になれ!』(草思社)などがある。

3. 構成

本の構成

Prologue 年齢ごとの「やるべきこと」をクリアすれば、将来の不安は消えていく!
第1章 「仕込み」は三〇歳までに終わらせる!
第2章 二三歳までに高い評価で入社する
第3章 入社~二五歳体を使って会社に尽くす
第4章 二六~二八歳自分のナンバーワンをつくる
第5章 二九~三〇歳会社の外に出てみる
第6章 三一~三五歳組織を切り盛りする

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

自分づくりという仕込みは30歳までに終わらせる

組織に所属している場合は、年齢が上がるとマネジメント能力が必要になる

「意外・多数・複雑」の組み合わせで、ほかに代わりのいない人材になれる

5. 自分視点の見どころ3点

① 仕事の精神は細部に表れるため、人は細部で評価される

② ありふれていない自分の強みを1つ見つける

③ 仕事は「やりたいこと」より「ほしい結果」で選ぶ

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、自分づくりという仕込みをするために、自分の強みを見つけようと日々試行錯誤しています。

この本を読んだ感想は、内容がとても良かったので、もっと早くこの本に出会いたかったと思いました。

②この本を読んでほしい人

20代以外の人にも参考になる部分があるのでビジネスパーソンの方には、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク