スポンサーリンク

「新入社員の基本がわかる86のルール」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、寺松輝彦さんが書いた「新入社員の基本がわかる86のルール」(ダイヤモンド社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、新社会人の仕事術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

この時期は新社会人の方が多いので、何か参考になればいいなと思い、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

寺松 輝彦(てらまつ てるひこ)

早稲田大学 文学部 英文科卒業。㈱コスモ教育、代表取締役。㈱アイウィルの主任講師、中小企業大学校(経産省管轄)の講師等を務める。ほか、自動車販売会社、大手家電販売など各企業の社員、管理者研修や、各地の商工会議所、県商工会連合会、経営者協会等のセミナーにて講演。

主な著書に『できる新入社員になる! 』『はじめての管理者』『営業の魔法プロセス』(以上、ダイヤモンド社)、『主任係長実力アップクイズ40』『技術者が営業をきわめる本』(以上、PHP研究所)がある。

3. 構成

本の構成

第一章 社会人になる不安を自信に変える
第二章 周囲の人たちに受け入れてもらう
第三章 仕事を楽しくする
第四章 あなたの能力を活かす
第五章 仕事の上手なコミュニケーション
第六章 上司の信頼を得る「報告」
第七章 「できるヤツだ」と言われる王道を探る
第八章 考える力を伸ばすと成果が大きくなる
第九章 ぐんぐん能力を高める意識の持ち方
第十章 話し方で能力と人柄が伝わる
第十一章 職場の人間関係は難しく考えすぎない
第十二章 礼儀とマナーは、ここまでやれば安心です
第十三章 幸福な人生を築くために

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

最初の3ヶ月は、元気なあいさつとキビキビした行動でやる気のイメージをつくる

ミスの最大の原因は、指示命令をメモしないからである

下積みは、やりたい仕事に就いたときに役立つ

5. 自分視点の見どころ3点

謙虚な心で、上司からビジネスの価値観を学ぶ

鈍感な人は、同じミスを繰り返すので仕事ができない

上司と良い人間関係を築くためには、自分から距離を近づけていくしかない

6. まとめ

①良かった点

内容は基本的なことばかりですが、これらができるかどうかで新人としての評価が変わってくると思います。

②この本を読んでほしい人

新社会人の方や若手社員の方には、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク