スポンサーリンク

「憂鬱でなければ、仕事じゃない」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、見城徹さんと藤田晋さんが書いた「憂鬱でなければ、仕事じゃない」(講談社+α文庫)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、仕事術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれて、この本を読んでみました。

とても参考になる部分多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

見城 徹(けんじょう とおる、1950年静岡県生まれ)

慶應義塾大学法学部卒業。1975年角川書店入社。1993年同社を退社し、幻冬舎を設立。2003年ジャスダック上場。2011年MBOにより上場廃止。

主な著書に『編集者という病い』『異端者の悦楽』などがある。

藤田 晋(ふじた すすむ、1973年福井県生まれ

青山学院大学経営学部卒業。1997年インテリジェンス入社。1998年同社を退社し、サイバーエージェントを設立。2000年史上最年少26歳で東証マザーズ上場。

主な著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『藤田晋の仕事学』『藤田晋の成長論』『起業家』などがある。

3. 構成

本の構成

第一章 人としての基本
第二章 自分を鍛える
第三章 人心を掴む
第四章 人を動かす
第五章 勝ちに行く
第六章 成功への動機付け

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

仕事においては、小さなことにくよくよしなければ、相手の心はつかめない

あらゆる人間関係は信頼で成り立っている

仕事では、キーマンをおさえることが、信用を得る上でも大事な鍵になる

5. 自分視点の見どころ3点

① 人生において成功したいと思うなら、決してパーティには出ない

逆境は自分を磨く最大のチャンスである

苦しみ抜いて得られたものにだけ、価値はある

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、仕事に対する心構えについてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

仕事に対する心構えを高めたいと思っている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク