スポンサーリンク

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、佐々木典士さんが書いた「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -」(ワニブックス)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、ミニマリストになる方法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

断捨離について興味があったので、この本を読みました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

佐々木 典士(ささき ふみお、1979年生まれ。香川県出身)

編集者/中道ミニマリスト
早稲田大学教育学部卒。出版社のみを志望し、3年間就活をする。
学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部を経て、現在はワニブックスに勤務。すべてを保存し、何も捨てられない汚部屋出身。2010年頃から、身のまわりのモノを手放し始める。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、ミニマリズムについて記すサイト『ミニマル&イズム less is future』を開設。

3. 構成

本の構成

第1章 なぜ、ミニマリストが生まれたのか?
第2章 なぜ、モノをこんなに増やしてしまったのか?
第3章 捨てる方法最終リスト55!!
さらに捨てたい人へ追加リスト15!!―「捨てたい病」への処方箋
第4章 モノを捨て、ぼくが変わった12のこと
第5章 幸せに「なる」のではなく「感じる」

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

誰もが最初はミニマリストだった

ミニマリズムは「手段」であって「目的」ではない

③ モノの価格には限界がないが、「人の感情には限界がある」

5. 自分視点の見どころ3点

日本人はみんなミニマリストだった

持っているモノに慣れて飽きると刺激を感じられなくなる

③ 「人間」は5万年前のハードウェアである

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、ミニマリストになる方法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

断捨離やミニマリストに興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク