スポンサーリンク

「読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、奥野宣之さんが書いた「読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」(ダイヤモンド社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、読書ノートの活用法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

読書ノートの活用法に興味があったので、この本を読みました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

奥野 宣之(おくの のぶゆき、1981年大阪府生まれ)

同志社大学文学部でジャーナリズムを学んだあと、出版社、新聞社の記者を経て『情報は1冊のノートにまとめなさい』で著作デビュー。独自の情報整理術や知的生産術がビジネスパーソンを中心に支持を集め、第2弾『読書は1冊のノートにまとめなさい』、第3弾『人生は1冊のノートにまとめなさい』と合わせたシリーズは累計50万部を超えるベストセラーとなった。ジャーナリストの経験を活かし、ウェブや雑誌のライターとして活動するかたわら“ノート本作家”として、メディア出演・講演などでも活躍中。仕事に活かせるノートや文具の活用法、本とより深く付き合うための読書法、人生を充実させるライフログの技術、旅行や行楽を楽しむための旅ノート・散歩ノートの技術など、活動の幅は広い。趣味は古墳めぐりと自然観察。ついでに写真撮影。仕事だけでなく家庭や趣味でもノートを使いこなすライフスタイルは、NHKやTBSでも放送され反響を集めた。その他著書に『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』『知的生産ワークアウト』『「処方せん」的読書術』『新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方』など多数ある。

3. 構成

本の構成

完全版刊行にあたって
●はじめに
●第1章 ノートで「読書体験」をマネジメントする
●第2章 必要な本を指名買いする「探書リスト」のつくり方
●第3章 読んだ内容を財産にする「読書ノート」のつくり方
●第4章 自分をつくるノートの「読み返し方」
●第5章 読書体験をより充実させる20のアイデア
●付録 ノートづくりに役立つ文房具26

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

「本の読みっぱなし」は読んでいないのと同じ

読書ノートを活用してアウトプットすることが大切

読書ノートは「続けること」に意味がある

5. 自分視点の見どころ3点

① 一冊一冊から、きちんと自分なりに何かを学ぶ

読書体験から自分の考えをつくる

読書ノートを定期的に読み返す

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、読書ノートの活用法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

本を読む方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク