スポンサーリンク

「天職の見つけ方」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、浜口直太さんが書いた「天職の見つけ方」(講談社BIZ)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、天職の見つけ方について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれて、この本を読んでみました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

浜口 直太(はまぐち なおた、1960年7月7日生まれ、兵庫県出身)

株式会社JCI代表取締役会長兼社長。テキサス大学経営大学院MBA取得。ウォートン・スクール博士課程で財務、国際経営を専攻する傍ら、同大学院で教える。米KPMGピート・マーウィック、米プライス・ウォーターハウスを経て、米国で経営・起業コンサルティング会社を設立。その後、東京に国際ビジネス・経営コンサルティング会社「株式会社JCI」を設立し、代表取締役に就任。外資系ベンチャーキャピタル(VC)のマネジング・ディレクターを経て、日米のVCやベンチャー企業数十社の役員を兼務。日米アジアを中心に総合的な国際ビジネス・経営(起業)コンサルタント並びに国際ベンチャーキャピタリストとして活動中。

主な著書に、『CFO 最高財務責任者』『MBAでは学べない勝つ経営の本質』(日経BPコンサルティング)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 職に就くということ(働く意義
就職の本質 ほか)
第2章 働くということ(仕事の本質
人生と仕事 ほか)
第3章 天職を見つける(天職の本質
天職の見つけ方)
第4章 天職な人(組織の中で生きる人
自由に生きる人 ほか)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

ダメな就職はなんとなく、いい就職は具体的な目標や目的を達成するためにするもの

② 正しい転職の本質はキャリアアップ

「適職」の集合体の中に「天職」というグループがある

5. 自分視点の見どころ3点

天職のキーワードは「使命感」

② 転職は一般的に3回まで許される

自分の長所と短所を考えると同時に、まわりの人からも指摘してもらう

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、天職の見つけ方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

天職を見つけたいと考えている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク