スポンサーリンク

「佐藤可士和の超整理術」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、佐藤可士和さんが書いた「佐藤可士和の超整理術」(日経ビジネス人文庫)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、整理術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

部屋の片づけをしたいと思い、この本を読みました。

とてもわかりやすく書かれていたので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

佐藤 可士和(さとう かしわ、1965年東京生まれ)

アートディレクター/クリエイティブディレクター
博報堂を経て「サムライ」設立。
スマップのアートワーク、キリン極生の商品開発から広告キャンペーン、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIのVIと空間ディレクション、ファーストリテイリング、楽天グループ、明治学院大学大学のブランディング、NHK教育「えいごであそぼ」のアートディレクション、NTT DoCoMo「FOMA N703iD」のプロダクトデザイン、ユニクロNYグローバル旗艦店のクリエイティブディレクション、国立新美術館のVIとサイン計画等、進化する視点と強力なビジュアル開発力によるトータルなクリエイションは多方面より高い評価を得ている。
東京ADCグランプリ、毎日デザイン賞、亀倉雄策賞ほか多数受賞。

3. 構成

本の構成

1章 問題解決のための“超”整理術
2章 すべては整理から始まる
3章 レベル1「空間」の整理術―プライオリティをつける
4章 レベル2「情報」の整理術―独自の視点を導入する
5章 レベル3「思考」の整理術―思考を情報化する
6章 整理術は、新しいアイデアの扉を開く

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

整理するには、優先順位をつけることが大切

② 優先順位をつけるためには、視点の導入が不可欠

視点の導入をするためには、まず思考の情報化を行う

5. 自分視点の見どころ3点

モノを増やさないために、定期的にアップデートする

モノの定位置を決め、使用後はすぐに戻す

③ 自分の思い込みをまず捨てる

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、整理術についてとてもわかりやすく書いてありました。

②この本を読んでほしい人

整理術に興味がある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク