スポンサーリンク

「マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、大嶋祥誉さんが書いた「マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書」(SBクリエイティブ)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、マッキンゼー流の問題解決の方法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルの問題解決という言葉に惹かれて、この本を読みました。

問題解決の方法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

大嶋 祥誉(おおしま さちよ)

センジュヒューマンデザインワークス代表取締役。
エグゼクティブ・コーチ、組織開発・人材育成コンサルタント。
上智大学外国語学部卒業。米国デューク大学Fuqua School of Business MBA取得。
米国シカゴ大学大学院人文科学学科修士課程修了。
マッキンゼー・アンド・カンパニーでは、新規事業のフィージビリティスタディ、全社戦略立案、営業戦略立案などのコンサルティングプロジェクトに従事。
その後、ウイリアム・エム・マーサー、ワトソンワイアット、グローバル・ベンチャー・キャピタル、三和総合研究所にて、経営戦略や人材マネジメントへのコンサルティングおよびベンチャー企業支援に携わる。
2002年より独立し、エグゼクティブ・コーチング、組織変革コンサルティング、チームビルディングやリーダー開発に従事する。

3. 構成

本の構成

はじめに
●第1講義 マッキンゼー流 プロフェッショナルの流儀
●第2講義 マッキンゼー流 問題解決の基本プロセス
●特別講義 マッキンゼー流 フレームワーク入門キット
●第3講義 マッキンゼー流 情報の取扱い力
●第4講義 マッキンゼー流 問題解決力を高める思考術
●第5講義 マッキンゼー流 自分力の高め方
●第6講義 マッキンゼー流 プロジェクトで結果を出す力
●第7講義 マッキンゼー流 プレゼンの技術
おわりに
参考文献

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

プロなら完全な仕事が当たり前

「真の問題はなにか」という問題把握力も大事

人の話を聞きながら、「意見」と「事実」に分解するクセをつける

5. 自分視点の見どころ3点

どんなときも常に前向きに

リサーチは必ず原典にあたる

ひとりで仕事を完結させない

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、マッキンゼー流の問題解決の方法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

問題解決能力を向上させたいと思っている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク