スポンサーリンク

「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、長谷部誠さんが書いた「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」(幻冬舎文庫)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、心を整える方法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私はサッカーが好きで、偶然書店で発見したのでこの本を読んでみました。

心を整える方法についてとても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

長谷部 誠(はせべ まこと、1984年生まれ、静岡県出身)

藤枝東高校から浦和レッズ加入。2008年にドイツ・ヴォルフスブルクへ移籍。2010年南アフリカ・ワールドカップでは4試合に先発出場。2013年に「1.FCニュルンベルク」へ移籍。2014年に「アイントラハト・フランクフルト」へ移籍。同年に開催された2014年ブラジル・ ワールドカップでは全試合スタメンで出場したが、チームはグループリーグ敗退となった。サッカー日本代表のキャプテン。ポジションはMF。

3. 構成

本の構成

第1章 心を整える。
第2章 吸収する。
第3章 絆を深める。
第4章 信頼を得る。
第5章 脳に刻む。
第6章 時間を支配する。
第7章 想像する。
第8章 脱皮する。
第9章 誠を意識する。
最終章 激闘のアジアカップで学んだこと。

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

1日30分、意識して心を鎮める時間を作る

集団のバランスや空気を整える

遅刻が努力を無駄にする

5. 自分視点の見どころ3点

整理整頓は、心の掃除に通じる

迷ったときこそ、難しい道を選ぶ

目には見えない土台が肝心

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、心を整える方法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

心が乱れていると感じている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク