スポンサーリンク

「捨てるべき40の「悪い」習慣」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、午堂登紀雄さんが書いた「捨てるべき40の「悪い」習慣」(日本実業出版社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、捨てるべき習慣について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれて、この本を読んでみました。

捨てるべき悪い習慣についてとてもわかりやすく書かれていたので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

午堂 登紀雄(ごどう ときお、1971年岡山県生まれ)

中央大学経済学部卒。米国公認会計士。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて企業の税務・会計支援業務に従事。
大手流通企業のマーケティング部門を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルで経営コンサルタントとして活躍。
2006年、株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを設立。
現在は不動産投資コンサルティングを手がけるかたわら、資産運用やビジネススキルに関するセミナー、講演で活躍。

3. 構成

本の構成

言葉(否定語を捨てる
「自分はがんばってます」アピールを捨てる ほか)
人間関係(手柄を捨てる
「友達」を捨てる ほか)
モノと金(自己啓発書を捨てる
物欲を捨てる ほか)
仕事術(タイムマネジメントを捨てる
顧客志向を捨てる ほか)
働き方(「自社基準」の評価を捨てる
キャリアアップ志向を捨てる ほか)
弱い心(嫉妬を捨てる
依存心を捨てる ほか)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 友達を捨てると、自分を成長させてくれる人と出会える

言い訳を捨てると、信頼を勝ち取ることができる

残業ゼロを捨てると、仕事の地力が高まる

5. 自分視点の見どころ3点

① プライドを捨てると、知識と人脈が広がり、最短距離で成長できる

二元論を捨てると、自分の判断に根拠と自信がもてる

③ 物欲を捨てると、気がつけばお金が貯まっている

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、捨てるべき悪い習慣についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

悪い習慣が捨てられなくて悩んでいる方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク